インバウンドマーケティングの時代

インバウンドマーケティングで用いる方法は、ブログやソーシャルメディア、SEO、eBook、メールマガジン、ホワイトペーパー、インフォグラフィックス、プレスリリース、動画などがあり、一方アウトバウンドマーケティングは、ダイレクトメール、テレマーケティング、テレビやラジオCM、新聞・雑誌などの広告、バナー広告、展示会などがあげられます。

アウトバウンドマーケティングは、従来のやり方で生活者一般を対象に、一方的に情報を発信していくプッシュ型のマーケティング手法のことです。
電話での勧誘や、訪問販売、ポストからあふれるダイレクトメールやチラシ、毎日のように送られてくる大量のメールマガジン、うんざりするほど執拗なまでの画面にでてくるバナー広告などで、煩わしい思いをした方も多いはずです。
インターネットが普及している現在、ユーザーが自分の欲しい情報を簡単に収集できるようになり、一方的に送られてくる情報を受け取り購買するのではなく、自分で積極的に情報を得て購買に繋がる意思決定をするようになりました。
そのようなインターネット情報社会、時代の流れに乗り、このようなアウトバウンドマーケティング手法は、生活者に嫌がられるようになってきました。

インバウンドマーケティングとは何か

インバウンドマーケティングとは、アメリカのマーケティング会社ハブスポットが提唱し始めたマーケティング手法で、一般消費者が特定の商品やサービスに対する顧客となるように育てるための、全てのステップやツール、ライフサイクルの総称とされており、特定されたツールやシステムを指すのではなく、そのようなことを含めた過程全体を表す概念をいいます。

インバウンドマーケティングとコンテンツマーケティングとは、同じ意味に捉えられていたり、言葉の使い方や、意味合いが微妙に違うことが多々あり、よく理解されていない場合があります。
コンテンツマーケティングは、インバウンドマーケティングの一部であると、マーケターやハブスポットの顧客などの多くはそのような理解をしており、ハブスポット自身はこれら2つは、共存するものだと関係性を強調しています。
コンテンツマーケティングとは、自社の製品やサービスをアピールしたり売り込む(アウトバウンドマーケティングの手法)ことをせず、見込みのあるユーザーを見定め、そのユーザーが興味や関心を惹く価値のあるコンテンツを提供し、購買意欲を高め、最終的に購入してもらうためのWebマーケティング手法のことをいいます。

インバウンドマーケティングで効果を上げるには、コンテンツマーケティングが必要で、コンテンツマーケティングがうまく回らなければインバウンドマーケティングの成功はありえないのです。
このように二つは共存させることに意味があるのです。

参照ページ《https://innova-jp.com/media/inboundmarketing/》

インバウンドマーケティングを検討しよう

近年、急速にインターネットが普及、発展するとともにインバウンドマーケティングも注目を集めるようになってきました。
日本でも広告に対する収入がメディアの中で、新聞、ラジオ、テレビを抜いてインターネットがもっとも広告収入の大きな市場になるなど、その存在価値はますます高まっています。
当サイトではその中でもインターネットでの新しい広告のジャンルであるインバウンドマーケティングに注目して、その概略やどのような取引方法が可能なのか、ということをご紹介していますので、ぜひこれから取引をはじめてみたい、と思っている方はご検討をされてみることをおすすめいたします。

新しい取引や市場のについて、興味がある、これからインターネット業界に参入してみたい、と考えている方はインバウンドマーケティングの概念を知っておくことで、選択肢を広げていくことができます。
取引に関して、何を優先していくべきなのか、どのような広告の手法があるのか、ということについても、ぜひ具体的に知っておくようにすると、自然と取引の方法や選択も広げていくことができます。
ご自身に合った方法で、これからどのようなインターネットでの取引方法が可能なのか、ということをぜひ検討をされてみてはいかがでしょうか。
新しいインターネットを活用したインバウンドマーケティングについて、知っておくと、いろいろな選択肢を持つことができますので、ぜひその意味でも新しいマーケティングの手法を知っておくことは今後のビジネス参入を考えている方に大きなプラスになるでしょう。