インバウンドマーケティングとは、アメリカのマーケティング会社ハブスポットが提唱し始めたマーケティング手法で、一般消費者が特定の商品やサービスに対する顧客となるように育てるための、全てのステップやツール、ライフサイクルの総称とされており、特定されたツールやシステムを指すのではなく、そのようなことを含めた過程全体を表す概念をいいます。

インバウンドマーケティングとコンテンツマーケティングとは、同じ意味に捉えられていたり、言葉の使い方や、意味合いが微妙に違うことが多々あり、よく理解されていない場合があります。
コンテンツマーケティングは、インバウンドマーケティングの一部であると、マーケターやハブスポットの顧客などの多くはそのような理解をしており、ハブスポット自身はこれら2つは、共存するものだと関係性を強調しています。
コンテンツマーケティングとは、自社の製品やサービスをアピールしたり売り込む(アウトバウンドマーケティングの手法)ことをせず、見込みのあるユーザーを見定め、そのユーザーが興味や関心を惹く価値のあるコンテンツを提供し、購買意欲を高め、最終的に購入してもらうためのWebマーケティング手法のことをいいます。

インバウンドマーケティングで効果を上げるには、コンテンツマーケティングが必要で、コンテンツマーケティングがうまく回らなければインバウンドマーケティングの成功はありえないのです。
このように二つは共存させることに意味があるのです。