インバウンドマーケティングで用いる方法は、ブログやソーシャルメディア、SEO、eBook、メールマガジン、ホワイトペーパー、インフォグラフィックス、プレスリリース、動画などがあり、一方アウトバウンドマーケティングは、ダイレクトメール、テレマーケティング、テレビやラジオCM、新聞・雑誌などの広告、バナー広告、展示会などがあげられます。

アウトバウンドマーケティングは、従来のやり方で生活者一般を対象に、一方的に情報を発信していくプッシュ型のマーケティング手法のことです。
電話での勧誘や、訪問販売、ポストからあふれるダイレクトメールやチラシ、毎日のように送られてくる大量のメールマガジン、うんざりするほど執拗なまでの画面にでてくるバナー広告などで、煩わしい思いをした方も多いはずです。
インターネットが普及している現在、ユーザーが自分の欲しい情報を簡単に収集できるようになり、一方的に送られてくる情報を受け取り購買するのではなく、自分で積極的に情報を得て購買に繋がる意思決定をするようになりました。
そのようなインターネット情報社会、時代の流れに乗り、このようなアウトバウンドマーケティング手法は、生活者に嫌がられるようになってきました。